img_02

紙の地図よりも更新頻度が多いGoogleマップ

Googleマップはまさしく未来の地図です。


紙製の地図とは根本的に異なっており、各種のデジタル機器でのみ閲覧する事が出来ます。

デスクトップパソコン、ノートパソコン、タブレット端末、一部のゲーム機やスマートフォンを使えば、Googleマップが閲覧でき、様々な地理的情報が分かります。

端末に位置情報を登録している方であれば、Googleマップを開くと同時に今、自分自身がいる場所が確認出来ます。
デジタル機器で使う地図サービスですが、地名や土地の様子、施設名等が記載されている点は紙製の地図と全く同じです。


デジタルとアナログ、共に記載されている情報に大きい違いはなく、ユーザーは自分の好みで好きな媒体を決めてしまって良いでしょう。

安心、信頼のlivedoorニュースをご紹介いたします。

ただ、紙製の地図だと当然ですが、アナログですので、情報の更新がなされません。
そのため、新規開拓した施設名や潰れてしまったコンビニエンスストアの情報が反映されず、そのままです。
対してGoogleマップであれば、限りなく現実世界に近い地理的なデータが反映されます。


もちろん、多少の誤差はありますが、更新頻度は紙媒体とは比較にならない位です。

また縮尺が自由に調整する事が出来ますので、都内の様子を詳細に確認した時はミクロ視点で、都道府県の大まかな位置関係を把握したい時はマクロ視点で確認する等、とてもフレキシブルな使い方が出来ます。



主要な駅名、施設名は網羅されていますので、Googleマップがあれば道に迷う恐れはありません。

現時点で最高のGoogleMapsAPIについて紹介している良質なサイトの情報はこちらです。