img_02

Googleマップの活躍する場面

Googleマップはさまざまな分野で活躍していますが、特に情報をまとめるという場面で利用が進んできています。

Googleマップは地図データサービスであり、日本の場合はゼンリンの地図データが活用されています。

地図については閲覧が多くの方の利用方法ですが、Googleマップでは地図上にデータを表示することができます。

GoogleMapsAPIについて詳しく知りたいならこのサイトです。

表示できるデータは場所の情報であることが多く、活用が進んでいます。

Yahoo!ニュースの新しい魅力を紹介します。

情報についてはアカウントを作ればだれでも更新できますが、チェックも厳しく行われるので正確なデータが掲載されることが多いといわれています。また、自身の建物については掲載を削除したり、修正することも可能であり、民主主義的でありながらプライバシーにも注意した内容となっています。
Googleマップは公的な場面でも利用が進んできています。

地図についてよく利用されますが、加工がしやすい、地図上にデータを表示しやすいことも利用を進める要因となっています。

特にストリートビューや建物の写真については現場を表現する方法としてテレビ局でも利用が進んできています。



これまでの民間サービスでのGoogleマップの利用から、さまざまな公的サービスでも利用されてきていることから今後ますます利用が進むと期待されています。


自社サービスで利用する際に気になるのが料金ですが、料金についてはAPIの利用回数で判断されるので多くのサービスでは気にしなくてもよいほど無料枠がしっかりあります。